2012年5月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:31 May 04 2012

中国大都市の二酸化炭素排出量、世界最高水準に

 世界銀行が3日に公表した報告書「中国の持続可能な低炭素都市発展」によると、中国の一部の都市はすでに、1人あたりの平均二酸化炭素排出量で世界最高水準に達している。上海、北京、天津等の二酸化炭素排出量は、東京、シンガポール、ロンドン等を大きく上回っている。新京報が伝えた。

 同報告書によると、中国の都市が排出するエネルギー関連の温室効果ガスは、全体の70%を占めている。そのため、中国が低炭素目標を実現する上で、都市が鍵となる。世界銀行は、「中国都市部の工業および発電が、二酸化炭素排出の主因となっている」とした。北京、上海、天津のデータによると、都市排出物の40%は発電および工業活動によるもので、その他の20%は交通、建築、廃棄物によるものであった。世界のその他の都市では、後者が二酸化炭素排出の主な原因となっている。

 中国はこれまで、2020年までに単位GDPあたり二酸化炭素排出量を、2005年比で40−50%削減すると公約してきた。「第12次五カ年計画」では、2015年末までに二酸化炭素排出量を17%削減すると初めて宣言した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年5月4日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古