2012年5月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:37 May 08 2012

中国人観光客、日本での消費総額が最高

 日本を訪れる中国人観光客による消費額は1964億円に達し、各国のうち首位となった。これを受け日本各社は、低価格による中国人観光客の引きつけを急いでいる。中国新聞網が伝えた。

 「毎日新聞」は、「観光庁の調査結果によると、中国人観光客の年間消費額は1964億円に達し、各国の中で首位となった。中国は、韓国、台湾、米国を抑え、海外観光客の年間消費総額の約25%を占めた」と報じた。

 同調査によると、中国人観光客のうち、初めて日本を訪れた人が過半数に達し、目的地は東京、大阪、京都等に集中した。

 日本各社はこれを受け、低価格による中国人観光客の引きつけを急いでいる。「読売新聞」は、「東京都内の商店は低価格戦を展開し、より多くの中国人観光客を引きつけようとしている」と報じた。日本各社の主力商品は、これまで主に中国の富裕層を対象としていた。日本政府は昨年9月、中国人の個人観光客を対象とする観光ビザの発給制限を緩和化し、中国人観光客が増加した。日本各社は中間所得層を対象とする販促を開始している。

 東京有楽町の家電大手ビックカメラは、付近の激安店に低価格商品を増加した。中国人観光客はこれまで、銀座で大型テレビ等の高価格商品を購入していた。情報によると、数千円の女性美容・美髪商品、電動歯ブラシ等が好評だという。

 東日本大震災後、中国人観光客が激減した。日本政府は昨年9月、中国人個人観光客の観光ビザ発給条件を緩和化した。日本を訪れる中国の中間所得層の多くは自ら出費するため、節約志向だ。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年5月8日 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古