2012年5月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:03 May 09 2012

日本企業に中国はなお非常に魅力的 経団連会長

 中国訪問を控えた日本経済団体連合会(経団連)の米倉弘昌会長は7日、日本・東京で人民日報社の取材に応えた。

 米倉会長の今回の訪中には3つの目的がある。ひとつ目は中日韓ビジネスサミットに出席することだ。このサミットは中国国際貿易促進委員会、経団連、韓国の全国経済人連合会が共同で主催するもの。二つ目は中国の指導者に会うことだ。指導者と両国の経済政策や経済貿易関連の問題について意見を交換し、曹妃甸などのプロジェクトに関する中国側の説明を聞くとともに、協力体制についての日本側の構想を伝え、「中日国民交流友好年」の関連イベントの進め方などについて中国側の意見を聞く予定だ。三つ目は遼寧省大連市で行われる中日国交正常化40周年の記念イベントに出席することだ。

 米倉会長は次のように述べた。

 中国が1990年代以降、経済を急速に発展させていることを非常にうれしく思いながらみている。日中二国間関係を一層強化することは、両国にプラスになるだけでなく、アジア経済の発展にとってもぜひとも必要なことだ。中国は現在、第12次五カ年計画(2011-15年、十二五)を実施しており、環境と経済とのバランスの取れた発展を非常に重視している。日本は環境の面で世界先端の技術を擁しており、この分野で中国との協力を強化することを切に願う。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古