2012年5月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:18 May 15 2012

中韓がFTA交渉を開始、日本側に焦りも (2)

 ◆日本の懸念

 中韓がFTA交渉を開始したことで、日本は大きなプレッシャーを受けている。日本は中日韓FTA交渉において、韓国が日本を排斥することを懸念している。

 日韓は電子産業、家電、自動車などの産業で重複している。中国という巨大な市場を前にして、両国間で競合が生じている。

 韓国国内のアンケート調査によると、韓国企業の半数は中韓FTA交渉の推進を希望しており、中日韓FTAの交渉を希望する比率は28%、日韓FTAは7%のみにとどまった。韓国が中国との交渉開始を宣言したことは、日本を抜かし中国を優先したと見られる。

 丸紅株式会社中国戦略委員会事務局の成玉麟氏は、「中韓がFTA提携を開始すれば、日本が中国市場で優勢を占める戦略的支柱産業は、韓国からの攻勢に直面する」と指摘した。自動車産業を例とすると、中国は輸入自動車に対して平均16.7%の関税を設けているが、中韓FTAにより関税が撤廃されれば、中国という世界最大の自動車市場で韓国車がより安価で得られることになる。日本自動車産業はこれにより、深刻な影響を被るだろう。

 韓国はまた、EUや米国ともFTAを締結した。韓国は欧米が中国で投資を行う際の仲介者となり、日本という競合相手を大きく突き放すことができる。

 日本は欧米および中国とFTAを締結していない。情報によると、日本も韓国に対抗するため、中国とのFTA交渉の開始を検討しているという。日韓は巨大な中国市場に視線を向け、新たな貿易枠組みを構築しようとしている。

 成氏は、「中韓の交渉宣言を受け、日本政府はジレンマに陥っている。一方では間もなく始まろうとしている中韓FTA交渉に注意し、一方では格上のTPP交渉に注意しなければならない」と語った。現在の情勢は、中国が日韓両国を促し、中日韓FTA交渉を進める上で有利である。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年5月11日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:1

   

最新コメント
ネットユーザー   2012-05-14124.146.187.*
日本側に焦り?? ・・・んなもん、全然無いけどw
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古