2012年5月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:20 May 16 2012

中日韓首脳会談、中国外交部が成果について説明

 第5回中日韓首脳会談が、5月13−14日に北京で開催された。中国外交部アジア司の羅照輝司長は14日午後、国内外の記者に対して、本会議の関連状況と成果を説明した。中国新聞社が伝えた。

 羅司長は「1・1・3」という3つの数字により、本会議の具体的な成果を挙げた。

 ・1つの合意

 本会議において、3カ国は中日韓自由貿易協定(FTA)交渉を年内に開始することで合意した。羅司長は、「10年前の2002年、中日韓の代表者は、自由貿易区設立に関する学術研究を開始することで一致した。10年の期間を経て、ついに成果が得られた」と語った。

 ・1つの協定

 本会議において、3カ国の代表者は投資協定に共同署名した。羅司長は、「同協定は5年間の交渉を経て、3カ国が初めて合意に達した法的文書で、FTA交渉の重要な基礎となる」と述べた。

 ・3つの文書

 羅司長は、「本会議では一つの共同宣言が発表され、その内容は豊富で多岐に渡った。1つ目は政治相互信頼の促進、2つ目は経済貿易提携の深化、3つ目は持続可能な発展に関する提携の強化、各国の協力における新たな成長点の模索、4つ目は人文交流(特に若者の交流)の推進、5つ目は国際・地域範囲での提携と交流の強化である。また3カ国は、農業および林業の実質的な提携に関する、二つの文書を発表した」と紹介した。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古