2012年5月16日メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
現在位置: 人民網日本語版>>経済

人民網日本株式会社事業案内 更新時間:17:40 May 16 2012

中国の国内投資家、海外投資を加速

 商務部が15日に発表した統計データによると、今年1-4月、中国の国内投資家は世界109カ国・地域の海外企業1445社に対して直接投資を行い、非金融類直接投資額は累計231億6千万ドル(前年同期比72.8%増)に達した。うち、M&Aによる直接投資は88億ドルで、同時期の対外直接投資総額の37.7%を占めた。2012年4月末現在、中国の非金融類対外直接投資額は累計で3451億ドルに達している。人民日報海外版が報じた。

 商務部研究院の梅新育氏は「中国企業の海外進出が加速するに伴い、中国資本は近年、世界の投資分野における重要な力となりつつある。現在の世界経済の変化は、我々に成長加速のチャンスを与えている」と語る。

 一方、15日に商務部が発表した情報によると、中国の対外貿易情勢は依然として深刻なままである。

 税関の統計によると、中国の今年1-4月の輸出入総額は1兆1671億8000万ドルに達し、前年同期比6%増となった。第1四半期(増加率7.3%)と比べても、増加率は鈍化しつつある。輸出入総額のうち、輸出額は6.9%増の5932億4000万ドル、輸入額は5.1%増の5739億4000万ドル、貿易黒字は193億ドルに達した。

 商務部の瀋丹陽報道官は「我々は全体的な情勢に対して楽観的ではないが、悲観してもいない。もし世界経済がこれ以上悪化せず、国外のニーズが大きく逆転しなければ、通年の対外貿易は『前期低迷、中期安定、後期成長』という発展を見せるだろう。安定的な貿易成長政策を着実に行えば、通年の対外貿易発展目標を実現する望みはまだある」とした。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年5月16日
印刷版|コピー|お気に入りに登録
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
人民網日本株式会社について  ホームへ
地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古