2012年5月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:09 May 18 2012

中国、フィリピン観光を一時中止 現地観光業に打撃

 中国国家観光局は10日夜、フィリピンへの渡航を控えるよう勧告を出した。この勧告を受け、フィリピン滞在中の中国人ツアー客は帰国を急いでいる。全国観光ツアー管理組織の情報によると、13日の時点でフィリピン滞在中の中国人ツアーは24組(682人)、14日-15日には計7組(211人)となり、16日には全てのツアー客が帰国する予定だ。銭江晩報が報じた。

 ▽ボラカイ島へのチャーター便がストップ

 観光のリスクを避けるため、大陸部の各旅行会社は現在、フィリピンを目的地とするツアーを一時中止しており、かつ払い戻しの勧告や全額払い戻し等の措置をとっている。現在、北京、上海、杭州からフィリピン・ボラカイ島へ向かうチャーター便は一時ストップしている。

 国家観光局の責任者は14日、「当局はフィリピンへの渡航をできるだけ控えるよう勧告を出したが、16日までにフィリピンから撤退するようにとの要求は出していない」としている。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古