2012年5月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:09 May 18 2012

中国、フィリピン観光を一時中止 現地観光業に打撃 (2)

 ▽フィリピンへのチャーター便、乗客がわずか3人に

 CCTVの報道によると、5月11日深夜1時ごろ、上海からフィリピン・クラーク空港へ向かうチャーター便はもともと予約で満席だったが、実際に搭乗したのは新聞記者2人と米国人1人の計3人だけだった。

 クラーク空港では、現地の空港職員が「たった3人だけ?」と驚きの表情で彼らを迎えた。乗客が減って一番がっかりしたのは、空港の外で客を待つタクシーの運転手たちだ。この便が到着したのが深夜4時。それまで長い間待ち続けていた運転手たちは、客わずか3人しかいないと知るやいなや、失望の色を浮かべた。

 クラークはフィリピンの有名な観光地だ。中国との関係が緊張するに伴い、現地のホテル、観光地、飲食業などのサービス業は大打撃を受けている。フィリピンの観光業は、現地の一部政治家が煽動する反中の影響を真っ先に受けている。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年5月18日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古