2012年5月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:32 May 18 2012

贅沢品都市ランキング、香港が3年連続で首位

 不動産コンサルティングのグローバル企業・シービーアールイー(CBRE)がこのほど発表した報告書「小売業グローバル化の歩み」によると、香港が3年連続でぜいたく品都市ランキングの首位を占めた。世界贅沢品ブランド小売商の86%は、香港の魅力的なビジネス環境にひきつけられている。人民日報海外版が伝えた。

 香港は世界の贅沢品消費の中心地であり、贅沢品業界の8割の製品を購入することができる。香港には、すべての消費者にとって馴染み深い、また馴染みのないブランドが集約している。ランドマーク(置地広場)、パシフィックプレイス(太古広場)、コーズウェイベイ(銅鑼湾)のリー・ガーデンズ(利園)、チムサーチョイ(尖沙咀)のカントンロード(広東道)等には、贅沢品の店舗が所狭しと並んでいる。香港にはまた、「ミラノ・ステーション」、「パリ・ステーション」、「フランス・ステーション」等、贅沢品の中古店がある。「ミラノ・ステーション」だけでも香港に支店が8店あり、その高い知名度により「ミラノ・ステーション連盟カード」が発行されており、購入客が後を絶たない。

 豊富な贅沢品ブランド、密集化を特徴とするショッピング環境、増加を続ける消費者により、香港は多くの贅沢品ブランド購入者を確保している。香港の人々は贅沢品を好み、贅沢品を求める消費習慣が同産業の発展を支えている。また中国大陸部の観光客による需要が近年増加しており、香港贅沢品市場の売上に貢献している。レート差により、中国大陸部の観光客が香港で贅沢品の新商品を購入した場合、大陸部の約2割引の価格で購入できる。中国大陸部の観光客は、香港贅沢品消費の主力軍となっている。

 贅沢品の世界有名ブランドは香港の資本市場進出により、大中華地区での知名度と影響力を高め、中国大陸部市場の消費潜在力の開拓に乗り出そうとしている。これらのブランドは香港を踏み台とし、中国大陸部の消費能力に期待を寄せているため、香港でこれまで以上の攻勢をかけることは間違いない。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年5月18日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古