2012年5月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:01 May 18 2012

ホンダ、中国でアキュラをリコール

 パワーステアリングオイルホースの欠陥により、ホンダの中国現地法人は2012年5月31日より、アキュラ・TL2007年モデルの一部をリコールする。同社の統計によると、中国大陸部では、2006年5月から2007年1月までに生産された537台がリコール対象となる。北京商報が伝えた。

 今回のリコール対象となった一部の車両は、長期的な使用により、エンジンルーム内の温度とパワーステアリングオイルの温度が影響を受け、ホースの表面と内壁の素材(ゴム)の伸縮性能が低下し、加速オイルホースに老化が生じた。ハンドル操作、ホース内油圧の変化により、パワーステアリングオイルホースに亀裂が生じ、オイル漏れの恐れが生じる可能性がある。仮にオイルがエンジン下部の排気管に付着すれば、焦げた臭いが生じ、エンジンルームから白い煙が出る。またオイル漏れが激しい場合はハンドルが重くなり、安全リスクが生じる。同社はすべてのリコール対象車に対して、より耐久性の高いゴム材を使用し、ホース外側に断熱材を加えたパワーステアリングオイルホースへの無料交換を実施する。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年5月18日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古