2012年5月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:40 May 21 2012

上海の自動車プレートが最高値を更新 6万4千元

 上海市の自動車プレート価格が高騰を続けている。今年5月にはオークションで個人用自動車のナンバープレートが前月比800台分増加してこれまでで最も多く発行されたが、過熱ぶりは収まりそうもない。19日に明らかにされた。オークションの結果によると、最低落札額は6万4千元で前月比3千元上昇し、平均取引額は6万4367元で同2741元上昇した。いずれも2000年にプレートのオークションが始まって以来の最高を記録した。「国際金融報」が伝えた。

 年初以来、上海の乗用車プレート落札価格は月を追って上昇し、昨年11月から7カ月連続での上昇となり、最低落札額は4万5700元から1万8300元上昇して6万4千元となった。

 あるデータによると、5月の発行数は前月比800台分増加の9300台分で、今年に入って最多となった。オークションに参加した人の数は2万4230人で、同1524人増加した。落札率は約38%で、前月よりやや上昇した。

 こうした動きと同時に、中古プレートの取引価格も上昇を続けている。現在の相場は6万5千元から6万6千元で、最高で6万7千元に達する。あるアナリストによると、年初以来、上海市のナンバープレート落札率は低水準で推移し、毎月60%以上のドライバーが「留年」しており、高まる剛性需要によってプレート価格の低下が難しくなっているという。高まる「プレート熱」について、上海市交通運輸・港口管理局の孫建平局長は、政府部門はプレート価格の上昇を望んでいないとし、コントロールを加えなければ、上海市の交通はいっそう渋滞すると指摘する。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年5月21日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古