2012年5月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:35 May 22 2012

日本産カテコール、反ダンピング措置を継続

 中国商務部は2006年5月22日に同年度第32号公告を発表し、米国産・日本産の輸入カテコールに対して、5年間に渡り反ダンピング関税を課した。

 中国国内のカテコール産業からの申請に応じ、中国商務部は2011年5月21日、米国産・日本産の輸入カテコールに適用していた反ダンピング措置について、期末再審調査を実施することを決定した。中国商務部は調査により、これまでの反ダンピング措置を終了すれば、米国産・日本産の輸入カテコールのダンピング行為が引き続き発生し、中国国内の同産業に対して損害をもたらし続ける可能性があると判断した。

 「中華人民共和国反ダンピング条例」第五十条、および中国国務院関税税則委員会の決定に基づき、中国商務部は2012年5月22日より、米国産・日本産の輸入カテコールに対する反ダンピング措置を5年間継続することを決定した。人民日報が伝えた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年5月22日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古