2012年5月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:35 May 23 2012

ブランドバリュー世界一はアップル 2位はIBM

 市場調査機関ミルウォード・ブラウンが22日に発表したブランド研究の年次報告「ブランドZ」によると、過去1年間に世界で最も価値があるとされたブランドはアップルだった。ブランド価値ランキング上位10ブランドの中心は科学技術関連企業のブランドだったという。中国新聞網が伝えた。

 同報告によると、過去1年間にアップルのブランド価値は19%上昇して1830億ドルとなり、同社の時価総額の37%を占めたという。

 同ランキング上位10ブランドのうち、科学技術関連企業のブランドが7つに上り、その他の企業はマクドナルドが4位、コカコーラが6位、マルボロが前回より1つ順位を上げて7位に入った。

 ミルウォードのマネージング・ディレクターで同報告を担当するニック・クーパー氏によると、科学技術ブランドの優勢には、現代の生活の中で科学技術が発揮する重要な変革作用が体現されているという。

 クーパー氏は、「科学技術は至る所にあり、新しいニュースが次々に登場する。これが現在の情況であり、往々にしてニーズを動かし、業績を押し上げるだけでなく、ブランドを強化する作用も果たしている」と話す。

 ビジネス科学技術ブランドはブランド価値上位10ブランドの中でも健闘しており、IBMがグーグルを抜いて2位に、マイクロソフトが前回に続いて5位に入った。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年5月23日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古