2012年5月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:11 May 23 2012

7歳以下の2割がインターネット利用 調査報告

 中国少先隊事業発展センターがこのほど発表した「2011年中国未成年インターネット・ソーシャルネットワーキング利用状況調査報告」によると、学齢前の児童のインターネット利用率は、7歳を区切りとすれば26.2%に達する。携帯電話やタブレット型コンピューターなどが流行し、普及するのにともない、幼児のネットへの接触は一つの現実になったという。

 この報告は同センターが6年前から発表しているもので、今回は5回目になる。

 ミニブログが未成年の新たな社交ルートに

 同報告は2011年のネット界の話題としてソーシャルネットワーキングを選び、検討を行った。調査データによると、調査対象者の66.5%がチャットサイトのQQ聊天を利用したことがあるとし、15.6%がソーシャルネットワーキング・サービスの人人網を利用し、18.8%がミニブログの騰訊微博を、11.4%が同じくミニブログの新浪微博を利用している。

 同センター新メディア事業センターの季琳副主任は、「社会がネットワーク化する中で、インターネットも同じように社会化している。子ども達のネットを通じた社交はこうした大きな流れの一部分だ」と話す。

 同報告の分析によると、未成年がネットでの社交に参加する場合、QQ聊天やソーシャルネットワーキング・サービスのQQ空間が主なルートだという。またこの1年ほどの間に、ミニブログも未成年のネット社交の新たなルートになったという。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古