2012年5月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:49 May 24 2012

日本経済青書:中日貿易が疲弊期に

 中国社会科学院は22日午前、「2012年日本経済青書」を発表した。青書は「中日二国間貿易が高水準で横ばいを維持している状態は、いまだ根本的な変化を見せていない。この現象は、中日貿易関係の成熟化・安定化を示す一方で、中日貿易関係が疲弊期・停滞期に差し掛かったことを反映している」と指摘した。

 青書は次のように指摘した。

 中日貿易は安定的かつ健全な発展状態にあるものの、その成長率は、中国対外貿易総額の成長をはるかに下回っている。2001年?2011年の11年間、中日貿易の成長率は対外貿易総額の成長率を下回り続けており、中国と米国・欧州・韓国の貿易成長率と比べるとその差はもっと大きい。このため、中国貿易総額に占める中日貿易の割合は、1996年には21%だったのが、2001年には17.2%、2010年には10.02%、2011年には一桁台の9.4%と、下降の一途をたどっている。

 このほか、中日貿易の成長率が低いため、中日貿易総額を中国・欧州貿易や中米貿易の総額と比べると、その差は開く一方だ。特に中韓貿易と比べると、中日貿易の成長率は見劣りがする。中日国交正常化40周年の今年、両国の貿易額は3429億ドルに達したが、中韓は国交樹立20周年の今年、すでに貿易額が2456億ドルに達している。韓国のGDPは日本の5分の1にも満たないが、現在の状況から見るに、5-6年後には中韓貿易が中日貿易を上回る可能性がある。

 さらに、2011年にはASEANが中国にとって第3の貿易パートナーとなり、日本は第4に順位を下げた。中日貿易が高水準で横ばい続けていることは、中日双方の関連部門も重視するべき問題だ。

 この問題の裏には、経済的な要素だけではない、深いレベルの構造的な原因が存在する。双方に政治的な相互信頼が欠けることも、二国間経済関係にある程度の影響をもたらしている。また、大規模プロジェクトによる牽引がないことも重要な原因だ。中日韓FTA交渉の加速、および中日二国間のFTA形成などは、いずれも中日の貿易成長につながるだろう。これは、中国-ASEANのFTAが成立した後、双方の貿易が急成長したことからも証明できる。(編集SN)

 「人民網日本語版」2012年5月24日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古