2012年5月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:44 May 24 2012

聯想 世界2位のコンピューターメーカーに

 聯想集団(レジェンド)が23日に発表した業績報告によると、聯想は当財政年度中に世界2位のコンピューターメーカーに躍進し、市場シェアは通年で12.9%に達する見込みだ。

 2011年から12年にかけての財政年度に、聯想の売上高は前年度比約37%増加して296億ドルに達し、税引き前利益は同63%増加して5億8200万ドルに達する見込みだ。聯想の楊元慶董事長(会長)兼最高経営責任者(CEO)によると、スマートフォン(多機能携帯電話)、タブレット型コンピューター、インテリジェントテレビといった新型設備の出現により、聯想はコンピューターだけにとどまらない「PC+」の新時代に突入したという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年5月24日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古