2012年5月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:57 May 28 2012

北京に総合サービス貿易プラットフォームが「永住」 (3)

 ▽サービス貿易を新たなエンジンに

 だだ注意しなくてはならないことは、サービス貿易大国と比較すれば、中国のサービス貿易は経済規模全体に占める割合がまだまだ小さいということだ。11年のサービス貿易輸出入総額は4191億ドルで、輸出入規模は世界4位だったが、経済全体に占めるサービス貿易の割合は43%にとどまった。世界の主要経済体ではこの割合が70%を超えるところが多い。

 また中国のサービス貿易は長年ににわたって遅れた状態にあり、全体としてその流れが年を追って拡大している。こうした情況について、商務部国際貿易経済協力研究院国際市場研究部の白明副主任は取材に応える中で次のように述べた。中国のサービス業とサービス貿易はスタートが遅かったため相対的に遅れており、このことが中国サービス貿易の競争力を相対的に遅れたものにしている。短期的にはこうした遅れた局面を逆転させることは現実的ではないが、貨物貿易と連携した輸送サービス貿易やその他の重点分野の発展を通じて、差をできる限り縮小していくことは可能だ。

 商務部がこのほど発表した第12次五カ年計画(2011-15年、十二五)期間のサービス貿易プラン「サービス貿易『十二五』計画綱要」は、15年をめどに中国のサービス貿易の輸出入総額を6千億ドルに引き上げ、年平均増加率を11%以上とすることを明確にうち出している。

 仇部長助理は「現在、全体的な対外貿易の情勢は楽観できないが、われわれは年11%のサービス貿易の増加率達成という目標を実現できるものと十分に信じている」とした上で、サービス貿易は世界の新たな経済成長点であり、国際経済の競争の焦点であり、第1回京交会の開催を契機としてサービス貿易の目標を達成することは十分に可能であるとの見方を示した。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年5月28日

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古