2012年6月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:23 Jun 01 2012

人民元と日本円の直接取引 6月にも実現へ

 「国際金融報」が27日伝えたところによると、日本のメディアがこのほど、人民元と日本円との直接交換が早ければ今年6月にも上海と東京の取引市場で行われるようになると伝えた。「読売新聞」や「日本経済新聞」などの報道によれば、中日両国政府は上海と東京での直接交換の推進に向けて調整を進めており、中国はこのほか人民元基準値の確定方法を検討するとともに、金融機関の準備作業を進めているという。

 これまで日本円と人民元との取引は米ドルとの交換を経て行われていた。直接交換が実現すれば、日本円は米ドルを除いて人民元との直接交換が可能になった初めての主要な外国通貨となる。上海財経大学現代金融研究センターの奚君羊副主任は取材に応える中で、「人民元と日本円との間で直接交換が実現すれば、中日間の貿易に一定の促進作用を与える。これまでの中日韓の貿易決済は米ドルへの交換を経る必要があったため、3つの通貨の間の為替リスクにさらされていた。だが人民元と日本円との直接交換が可能になれば、2つの通貨の間のリスクにさらされるだけで、為替リスクは大幅に低下する」と述べた。

 財政経済の評論家・コラムニストの葉檀氏は、「中日間の貿易は米ドルを仲介として決済が行われており、決済手続の費用を支払う必要があった。だが人民元と日本円との直接交換が行われるようになれば、輸出入業者は一連の手続費用が不要になり、貿易コストが低下する」と指摘する。

 葉氏によると、人民元と日本円との自由交換は、人民元国際化実現のための一歩だ。人民元と日本円との自由交換により両国間の取引費用が確実に低下し、両国間の貿易も促進されるという。

■関連報道
円と人民元の直接取引、6月1日より開始へ 日本財務相
「円と人民元が直接取引開始へ 米ドルの影響力低下
人民元・円、直接取引へ 中国為替取引センターが発表

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古