2012年5月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:54 May 29 2012

京交会が開幕 温総理が4つの提言

 第1回中国(北京)国際サービス貿易交易会(京交会)が28日に北京市の国家会議センターで開幕した。国務院の温家宝総理(中国共産党中央政治局常務委員)が開幕式に出席し、「開放の拡大途上におけるサービス貿易の発展推進」と題するスピーチを行った。

 温総理は次のように述べた。

 中国(北京)国際サービス貿易交易会の創設は、中国が対外開放を拡大し、サービス産業とサービス貿易の急速発展を推進する上での重要な措置だ。

 経済グローバル化の深化・発展や産業構造の重大な調整にともなって、新興のサービス産業とサービス貿易が世界の経済・貿易の成長を推進する重要な原動力となっている。2011年にサービス産業が国民経済に占めた割合は43.1%、従業員数は約2億7千万人に上った。サービス貿易総額は4千億ドルを突破して世界4位となり、サービス産業の外資導入額は552億ドルで、初めて製造業を抜いて最も多く外資を導入した産業となった。

 中国政府は第12次五カ年計画(2011-15年、十二五)の中で、サービス産業の大発展の推進を、産業構造の最適化やグレードアップに向けた戦略的重点に据える必要があることを明確にうち出した。中国のサービス産業は発展に向けて巨大な潜在力を秘めている。われわれはサービス分野のさまざまな改革を深く推進し、サービス産業の対外開放を積極的に拡大し、サービス産業の構造の最適化に力を入れ、サービス産業の発展にプラスとなる政策的環境作りに努力しなければならない。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古