2012年5月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:33 May 29 2012

中国アニメ産業8年間の発展、日本市場に進出果たす

 4月28日−5月3日、第8回中国国際アニメ漫画フェスティバルが杭州で開催された。国家広電総局の金徳龍副編集長が同フォーラムで明らかにしたところによると、中国製アニメの年間生産量は、この8年間で約3000分間から約26万分間に達し、世界の約3分の1を占めるようになった。またこの8年間で日本製アニメばかりだった状況が変わり、中国製アニメが幅広く受け入れられるようになった。さらにこの8年間で、中国人漫画家の作品が、日本の主流漫画市場に進出を果たした。中国経済週刊が伝えた。

 中国の昨年のアニメ産業生産高は約600億元(約7500億円)に達したが、金副編集長は「しかし日本の年間1兆6700万元(20兆円以上)の産業規模には遠く及ばず、かつ凡作の占める比率が高い。利益獲得の構造にもさらなる改善が必要だ」と指摘した。

 中国政府は2004年、一連のアニメ産業支援策を実施し、中国製アニメ産業の発展を促した。同政策の実施から、今年で8年間が経過する。しかし中国アニメ産業が日本に競り勝つためには、さらに長い道のりを歩まなければならない。

 ◆低コスト作品が日本進出

 漫画制作会社・夏天島工作室の姚非拉総経理は、同社所属の漫画家・猪楽桃による「瑪塔黄金国歴険記」が日本で放送されることについて、驚きを隠せない様子だ。「同作品の制作コストは低く、当たれば儲けものと思われていたが、まさかこれほど容易に日本市場に進出できるとは思わなかった」。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古