2012年5月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:33 May 29 2012

外資系銀行、中国での増資を発表

 モルガン・スタンレーの中国現地法人、摩根大通銀行(中国)有限公司は5月28日、中国銀行業監督管理委員会の認可を経て、25億元(約312億5000万円)の増資を完了し、かつ同委員会の認可を経て蘇州に支店を設立したことを発表した。外資系銀行が中国子会社への増資を発表したのは、近日中でこれが3例目となった。国際金融報が伝えた。

 中国市場の近年の高度成長は、これらの外資系銀行に利益をもたらした。オーストラリア・ニュージーランド銀行はこのほど、中国子会社に20億元(約250億円)の増資を行うことを発表した。DBS銀行もまた、中国子会社に23億元(約287億5000万円)の増資を行うことを発表した。昨年下半期より、ロイヤルバンク・オブ・スコットランド、スタンダード・チャータード、HSBC等の外資系銀行が、それぞれ中国における増資計画を発表した。

 アナリストは、「中国銀行業監督管理環境の変化が、外資系銀行の増資の一大要因となっている。世界的な金融監督管理の強化に伴い、中国の監督管理機構もまた、銀行の自己資本規制比率に対する要求を厳しくしている。外資系銀行は昨年、中国で預貸率の基準達成の圧力に直面していた。また中国銀行業の預金増加率も明らかに鈍化し、外資系銀行の業務開拓には増資が必要となった」と指摘した。

 外資系銀行の中国での自由度も高まっている。同氏は、「中国政府は現在、中国企業の海外市場進出を奨励している。うちコンサルティング、海外融資等の機会が大幅増する。次に、中国国家外貨管理局は、海外の年金基金がQFIIを通じて中国資本市場に参入することを奨励しており、海外のより多くの資金が中国資本市場への進出を許されることになる」と述べた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年5月29日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古