2012年6月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:23 Jun 01 2012

新たな一歩踏み出した中日金融協力

【中日対訳】

 中国外匯交易中心(外国為替取引センター)は29日、6月1日から上海と東京の取引市場で人民元と日本円との直接交換をスタートすると発表した。これは中日二国間の貿易や投資における両通貨の利用を促進し、取引にかかる両替コストを引き下げるというだけでなく、人民元の国際化が必然的に経る段階でもあり、人民元国際化に向けた有効な手段でもある。中日双方は直接交換が相互にとって利益となる成果をもたらし、両国の金融界に新たな業務の成長点を提供し、両通貨の国際的地位を上昇させるものと期待を寄せる。

 外に向けて広がる通貨の多様化は、通貨の国際化の基礎であり、中国金融機関の対外発展ニーズにとってプラスになることだ。中国経済は現在、敏感で重要な時期を迎えている。人民元と日本円との直接交換の実現からわかることは、中国が発展の構想や改革ルートを一層押し広げ、経済の基礎である市場環境や市場の条件を一層拡大しており、人民元の最終的な国際化に向けてプラットフォームをうち立てつつあるということだ。

 当然のことながら、中国は直接交換がもたらすリスクやデメリットも考えなくてはならない。とりわけ世界的な金融リスクが増大し、広がる時期にあって、より理性的に情況を評価し、合理的にタイミングをつかむ必要がある。中国は日本円の資質や国際的地位について理性的に考える必要がある。国際準備通貨の取引における日本円の影響力は低下しつつあり、ここから取引通貨の種類を拡大するにあたっては数量の設定を考える必要があり、通貨の基礎的な情況や市場の情況の変化も考える必要があるとの警告が読みとれる。

 取引量を変更する場合は通貨制度や金融業の経験と連動して行わなければならない。現在、人民元の国際化プロセスでは設定された通貨の数量の増加傾向が顕著だが、中国は通貨の実際の効果を軽視してはならず、市場と制度についてより多く検討する必要があり、為替レートの変動幅拡大や人民元と日本円との直接取引など一連の動きはすべて銀行間の外為取引市場に限定される。通貨の交換や取引通貨の種類拡大は必ずしもすべてがプラスになるわけではなく、リスクが発生する土台の相違に警戒する必要がある。また人民元と日本円との直接交換の数量は拡大したが、その背後には米ドルが引き続き価格を設定しているという事実がある。人民元の日本円に対する変動幅は人民元の米ドルに対する為替レートの変動によって決まるため、今回の直接交換スタートが国際通貨システムの基本的な局面を変えるということはなく、通貨ツールの土台や政策の効果については通貨制度を大前提として全面的な考察が必要になる。

 複雑な国際的環境に直面して、中国の金融改革は順を追って徐々に前進し、足元を安定させ、国内から海外に広がり、制度から商品へ広がり、専門性から技術性へと広がる必要がある。これと同時に、プラス局面の下でのマイナス要因を検討し、人民元国際化が中国の対外貿易投資に対して促進作用を発揮するようにしなければならない。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年5月30日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古