2012年5月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:25 May 31 2012

EU、中国通信機器メーカーに反ダンピング調査か

 海外メディアはこのほど「EUは中国大手通信機器メーカーの華為技術と中興通訊が、不当な政府補助金を受けた低価格製品をEU内で販売している」と報じた。今後、同2社に対する反ダンピング訴訟が生じる可能性が浮上した。同2社はそれぞれ、「EUから調査通知を受けていない。ダンピング行為は存在しない」とする声明を発表した。新京報が伝えた。

 ◆早ければ来月に反ダンピング関税

 EUの関係官僚は今月24日、各加盟国の代表者に対して、「欧州委員会はすでに確かな証拠を把握しており、中国大手通信機器メーカーの華為技術と中興通訊が不当な政府補助金を受け、低価格製品をEU内で販売していることを証明できる」と表明した。

 EUが同2社のダンピング行為を認定した場合、早ければ来月にも懲罰的な高額の関税が課されることになる。仮に訴訟が開始されれば、EUが中国を相手取り行う、過去20−30年間で最大規模の貿易訴訟の一つとなる。

 中興通訊は昨日、「現時点で関連する公式情報は得られていない。当社は不当な政府補助金を受けておらず、ダンピング行為は存在しない」とする声明を発表した。華為技術もまた、「EU市場に対するいかなるダンピング行為も存在しない」とする声明を発表した。

 ◆貿易障壁か

 中興通訊の関係者は、「これは貿易障壁だ。当社が小規模であった頃は注目されなかったが、現在は大規模になり影響が生じたため、このような貿易障壁が現れた。EU政府には、公平かつ公正な立場に立って欲しい」と述べた。

 中興通訊は2004年アテネオリンピックの際に通信網の建設を行い、欧州市場への進出を開始した。同社はその後、各国の通信網の建設にも従事した。

 華為技術は2001年に欧州市場に進出した。同社は2011年、欧州現地での調達規模が29億ユーロ(約2900億円)を超えた。同社はまた売上高でも、1位のエリクソンに迫っている。

 欧州委員会は2010年6月、中国製データカードに対して、約41億ドル(約3300億円)規模の反ダンピング・反補助金調査の実施を発表した。同2社はEUのデータカード市場で90%のシェアを占めている。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年5月31日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古