2012年5月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:18 May 31 2012

七大産業の発展方向を確定 国務院

 国務院の温家宝総理は30日に国務院常務会議を招集・開催し、第12次五カ年計画(2011-15年、十二五)期間の国の戦略的新興産業の発展計画である「『十二五』国家戦略性新興産業発展規劃」と、同期間の遊牧民の定住プロジェクト計画である「全国遊牧民定居工程建設『十二五』規劃」を審議可決した。新華社が伝えた。

 会議では、戦略的新興産業を発展させることは重要な戦略的任務であり、現在のような経済運営における下振れ圧力が増大している情況の下では、経済の長期的で安定的かつ急速な発展を維持する上で重要な意義をもつとの見方がうち出された。「戦略性新興産業発展規劃」では、経済・社会の発展における重要なニーズに直面して、七大戦略的新興産業の重点的な発展方向と主要な任務がうち出されている。

 七大戦略的新興産業とは、▽省エネ・環境保護産業▽新世代情報技術(IT)産業▽バイオ産業▽ハイエンド設備製造業▽新エネルギー産業▽新材料産業▽新エネルギー自動車産業をいう。具体的には次のような方向性と任務がうち出された。

 (1)省エネ・環境保護産業では、高効率で段階的なエネルギーの利用、汚染物資の防止対策と安全な処理、資源の回収と循環利用などをめぐる重要な中核的技術を進展させ、高効率の省エネ、先進的な環境保護の資源の循環利用に向けた新たな設備や製品を発展させることが必要だ。またクリーン生産と低炭素技術を推進し、基幹産業を速やかに育成することが必要だ。

 (2)新世代情報技術産業では、新世代情報ネットワークの構築を加速させ、高速光ファイバー通信、高速無線通信、先進的な半導体、新型ディスプレーといった新世代情報技術を進展させ、国際的競争力を高めることが必要だ。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古