2012年5月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:38 May 31 2012

米国、中国製高圧鉄鋼シリンダーに反ダンピング措置

 米国国際貿易委員会は30日、中国製高圧鉄鋼シリンダーが米国関連産業に実質的な損害をもたらしたとする、最終認定を下した。米国はこれにより、同製品に対する反ダンピング反補助金措置を実施する上での、最後の障害を取り除いたことになる。新華網が伝えた。

 米国国際貿易委員会の委員6人は、「中国製高圧鉄鋼シリンダーは、米国で公平な価格を下回る価格で販売され、かつ中国政府からの補助金を受けており、米国関連産業に実質的な損害をもたらした」との一致した見方を示した。米国商務省が5月1日に発表した最終認定によると、米国は同製品に対して6.62-31.21%の反ダンピング関税、15.81%の反補助金関税を課する見通しだ。

 高圧鉄鋼シリンダーは、主に圧縮もしくは液化された気体の輸送や保存に用いられる。米ノリス・シリンダ社は昨年5月11日に米商務省へ訴えを起こし、中国製の同製品に最高で176.25%の反ダンピング関税および反補助金関税を課すよう求めていた。

 米国国際貿易委員会のデータによると、ノリス・シリンダ社は2011年時点で、米国唯一の高圧鉄鋼シリンダー生産企業である。米商務省のデータによると、米国が2011年に中国から輸入した高圧鉄鋼シリンダーの総額は、約8170万ドル(約65億4000万円)にのぼった。

 米国は今年より、中国製品に対して「反ダンピング・反補助金調査」、「337条調査」を相次いで実施しており、貿易保護主義の傾向が見られる。個別の産業を除き、調査対象となったほぼ全製品が貿易制裁を受けた。中国商務部は、「米国政府は貿易保護主義反対の公約を遵守し、自由・開放・公正な国際貿易環境を共に維持し、理性的な方法により貿易摩擦を適切に処理するべきだ」と幾度も呼びかけてきた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年5月31日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古