2012年5月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:51 May 31 2012

みずほ情報総研、山東省に開発センターを設立

 山東省済南市の斉魯ソフトウェアパークで25日午後、みずほ情報総研済南開発センターが設立された。同パークにすでに入居しているNECソフト、日立システムズに同社が加わったことで、対日ソフトウェアアウトソーシングの新たな局面が形成された。大衆日報が伝えた。

 みずほ情報総研はみずほグループの完全子会社で、主に同グループに対してITソリューションおよびコンサルティング業務を提供している。従業員数は約4500人、2011年の売上高は2000億円を上回る。同社は中国のアウトソーシング企業と提携し、日本の銀行システムの開発と維持を行う初の企業であり、銀行システムの対中国オフショア開発分野では最大規模を誇る。済南開発センターは、みずほ情報総研が天公(山東)信息科技有限公司に委託して建設したもので、同社の中国における3カ所目の開発センターとなる。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年5月31日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古