2012年6月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:43 Jun 04 2012

中国原油価格が下方調整、過去最高の下げ幅を予想

 国際原油価格が下落する中、中国国内の精製油市場は今週末、今年2回目となる価格切り下げを迎え、かつ下げ幅が過去最大となる見通しだ。北京晨報が伝えた。

 ◆国際原油価格の下落

 先週金曜日、国際原油価格が下落した。うちバロメーターとされるWTI原油先物価格は、1バレル当たり83.23ドルまで下落し、昨年10月ぶりの低水準となった。5月は国際原油価格が下落する傾向があるとされる。WTIの21.2%の下落幅は、2008年12月以来の単月最大の下落幅となった。5月初旬、WTIは100ドル以上で推移していたが、負の情報が相次ぎ原油価格が下落を続け、100ドルと90ドルの大台を割り、80ドルに接近しつつある。

 同時に、中国の精製油の価格決定に直接関連するブレント原油価格も1バレル当たり100ドルを切り、6月1日に98.43ドルまで下落し、2011年1月以来の安値をつけた。各研究機関は、「欧州債務危機、世界的な不況に対する懸念が短期間で払拭されることはなく、国際原油価格も低位で推移する」と分析した。アナリストは、「国際原油市場は低迷に向かっている」と語った。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古