2012年6月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:59 Jun 05 2012

中国オンラインゲーム市場、今後も2D作品が主流に

 中国製オンラインゲーム市場が近年、成長を持続している。2011年の同市場の売上高は、前年比40.7%増の271億5000万元(約3340億円)に達し、うち2Dゲームが圧倒的なシェアを占めた。一部の統計データによると、中国製2Dゲームが総売上に占める比率は約80%に、3Dゲームが占める比率は約20%に達している。中新網が伝えた。

 2Dオンラインゲームは、欧米市場のランキングから姿を消している。韓国オンラインゲーム市場調査会社「Gametrics」の5月のデータによると、ネットカフェ占有率トップ10のゲームのうち、2Dの作品は「リネージュ」と「メイプルストーリー」のみであった。しかし中国の状況は異なっている。ゲーマーに近年注目されているゲームのうち、一部の3D作品が注目を集めた他は、2Dゲームの人気が依然として高い。

 ◆主流は2D作品

 某調査会社が2011年に発表した「中国人気オンラインゲームトップ10」によると、昨年の売上トップ10のオンラインゲームのうち、中国製が6本を占めた。完美世界公司の「誅仙前伝」のみが3D作品で、その他は2D作品となった。中でも、「夢幻西遊」、「伝奇シリーズ」、「天龍八部」、「問道」は長年に渡り高い人気を維持している。

 2Dのシリーズ作が好評な他、中小企業が制作した2D作品(「遠征OL」、「ノアの伝説」、「封神」等)も、ゲーマーの間で人気が高い。「ノアの伝説」は昨年10月にベータ版が発表されると、瞬間最大の同時利用者数が15万人に達し、その後も利用者数が安定的に増加した。「ノアの伝説」(尚遊遊戯公司)は、2012年に災いが降りかかり、ノアの方舟が人類を救う物語で、SF、魔法、科学技術の要素が散りばめられている。同作品のグラフィックは、武侠モノや可愛らしさを売りとした作品等と異なり、リアルさを追求した。また同作品は、装備、経験値、ポイント等を販売しない良心的な課金システムにより、2011年のブラックホースとなった。

[1] [2] [3] [4]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古