2012年6月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:13 Jun 06 2012

火鍋が人気の海底撈 米国・シンガポールに進出

【中日対訳】

 火鍋が人気の中国料理レストラン・海底撈は海外進出の第一歩を踏み出した。5日に明らかになったところによると、海底撈はこのほど米国とシンガポールでそれぞれ店舗を開設する契約に調印したという。人民日報系の北京紙「京華時報」が伝えた。

 海底撈はこのほど2つの情報を相次いで発表した。一つはシンガポール第一号店をめぐる契約が5月28日に調印を終えたこと、もう一つは米国第一号店をめぐる契約が4月18日に調印を終えたことだ。米国店の所在地は、ロサンゼルス・アルカディア市のウェストフィールドショッピングセンターの2階2015号だ。

 海底撈公共事業部の責任者・曹静さんは開店の日時について、両店舗ともまだ内装をしている段階で、具体的な開店日時は確定していないと話す。

 曹さんが述べたところによると、海底撈の昨年の売上高は22億元、利益は約3億元で、全聚徳の18億元と1億3千万元を抜いたという。海底撈がこれだけの業績を上げ、外食産業企業の中でよく名を知られるようになった最大の原因は、従来の外食産業の枠を越えた「スーパーサービス」にある。海底撈の店舗では、無料のネイルアートや靴磨きサービスを受けられ、眼鏡をかけている客には眼鏡ふきがプレゼントされ、トイレには歯磨き粉や歯ブラシ、スキンケア用品まで揃っている。とはいえ、国内市場で人気を博すこれらのサービスを海外の店舗にそのままもっていくかどうか、サービスが海外の客に受け入れられるかどうかは、まだまだ未知数だといえる。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年6月6日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古