2012年6月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:18 Jun 07 2012

中国五大銀行、詳細な役員報酬を公表

 中国大陸部の銀行の株主総会が相次いで開催される中、一部上場銀行の役員報酬が公開された。年次報告書で開示されたデータと比較して、各銀行の役員報酬が全体的に増加した。6月6日付で長春晩報が伝えた。

 五大銀行(工商銀行、農業銀行、中国銀行、建設銀行、交通銀行)の総裁・董事長(取締役会長)の税引き前年収は、2011年にいずれも160万元(約2000万円)を上回った。うち農業銀行の総裁は、173万5500元(約2170万円)に達した。一方で、年次報告書で開示されていた年収は、いずれも100-110万元(約1250-1375万円)とされていた。通常、年次報告書で開示されるのは役員の大まかな報酬のみで、具体的な報酬については別途で公表される。

 各銀行の役員の報酬には、基本給、ボーナス、各種社会保険・福利厚生が含まれる。これらが税引き前年収を構成するが、支払延滞の部分を控除することで、2011年度に支払われる税引き前年収を割り出すことができる。農業銀行の張雲総裁の2011年度税引き前年収が最高で、173万5500元に達した。

 大手各行の董事長の基本給は平均で46万5000元(約581万円)に、総裁の基本給は平均で41万8500元(約523万円)に達したが、ボーナスの額にはばらつきが生じた。うちボーナスが最も多かった姜建清氏の年収は117万6600元(約1470万円)に、最も少なかった李礼輝氏は100万2900元(約1254万円)となった。

 年次報告書で公表された農業銀行総裁の2011年度税引き前年収は106万元(約1325万円)、工商銀行の董事長は111万7000元(約1396万円)、総裁は102万8000元(約1285万円)、建設銀行の総裁は100万元(約1250万円)、交通銀行の董事長は104万元(約1300万円)、中国銀行の董事長は106万2500元(約1328万円)、総裁は97万1400元(約1214万円)であった。これらの数値は、いずれも株主総会で公開された数値を下回った。

 中国銀行、工商銀行の役員報酬は先週の株主総会の審議を通過したが、農業銀行、建設銀行、交通銀行の詳細な役員報酬は、株主総会の審議を待っている。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年6月7日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古