2012年6月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:16 Jun 07 2012

青島ビールとサントリーが提携 外資系は苦戦中

 青島ヒ酒株式有限公司(青島ビール)は6日に公告を出し、日本のアルコール飲料大手サントリーの中国法人・三得利(中国)投資有限公司(サントリー中国)との協力合意に調印したことを明らかにした。双方は今後、上海市と江蘇省の業務を2つの合弁会社に集め、それぞれ株式の50%ずつを保有するという。今回の提携は利益の最大化が狙いだ。「証券日報」が伝えた。

 青島ビールの張瑞祥董事会秘書(理事会秘書)は取材に応える中で、「わが社とサントリーとの協力は、華東エリア市場の局面を変えるためであり、シナジー効果の下での協力の一種だといえる」と述べた。

 ▽華東市場を占領へ

 周知の通り、ここ数年来、中国ビール企業の対外拡張の歩みが拡大を続けており、市場は華潤雪花、青島ビール、燕京ヒ酒、アンバイザー・ブッシュ・インベブグループの四大大手が肩を並べる局面を呈している。青島ビールは今回サントリーと提携したことにより、華東市場の占領に向けて一歩リードしたことになる。

 青島ビールの公告によると、同社とサントリー中国とは、それぞれ上海市と江蘇省全域にある対象子会社の資産と業務を再編して2つの合弁会社に集める予定だ。一つは生産などの事業を手がける合弁会社、もう一つは販売を手がける合弁会社だ。

[1] [2] [3] [4]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古