2012年6月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:14 Jun 08 2012

パナソニック、中国エコ製品補助制度の対象外に

 2012年の「恵民工程」(エコ製品補助制度)の対象となったフラットテレビ企業リストが公表され、15社の1460機種が入選した。テレビ業界の老舗企業として知られるパナソニックが落選したことについて、専門家は「パナソニックのテレビ事業が不振に陥っているが、日系家電メーカーの全体的な低迷との関連性を否定できない」と指摘した。中国経済網が6月7日に伝えた。

 ◆補助の対象外

 パナソニックの今回の落選について、一部からはエコ基準を満たさなかったとする声があがっている。情報によると、今回のエコ基準は非常に厳しく、エネルギー効率レベルが1級で、エネルギー効率指数が1.7以上に達した液晶テレビのみが補助対象となった。家電市場調査会社の奥維咨詢(AVC)が行なった調査によると、上述した水準に達している商品が市場に占めるシェアは10%にとどまる。

 また今回の補助制度によると、家電製造メーカーに対して財政資金の補助を行い、メーカーおよび家電売り場が値引きする形で消費者に還元されることになる。メーカー側が先に補助金を建て替え、関連部門・委員会の審査後に統一的に給付される。業界関係者は、メーカー側の資金繰りに圧力がかかると懸念している。近年業績が振るわないパナソニックは、この「第二の関門」に阻まれたと見られる。

 パナソニックはテレビ事業のトップブランドであったが、近年になり同事業が低迷している。同社は2011年度に7721億円の赤字を計上し、今年のテレビ販売台数も昨年の1700万台から1550万台に減少する見通しだ。同社のテレビ事業は、今年も赤字続きとなる可能性がある。

[1] [2] [3]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古