2012年6月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:14 Jun 08 2012

2012年も深刻な電力不足? (2)

 秦皇島石炭網のアナリスト李学剛さんは、「7月の電力需要のピーク期になると、短期的な電力不足が必ず起こるが、段階的な不足にとどまり、昨年とはまったく違う情況になる」と話す。

 ▽不足分は3500万キロワット以下?

 電監会と中国電力企業連合会は4日、「2012年全国電力信頼性監督管理作業会議・電力信頼性指標発表会」を共同開催した。同連合会の孫玉才常務副理事(同連合会党組書記)の指摘によると、今年の夏が酷暑だった場合、約3500万キロワットの電力が不足する。これは昨年夏の電力不足とそれほど変わらない数字だ。

 国家電網公司もこのほど夏のピーク期を迎えるにあたっての会議を開催した。会議によると、現在、中国経済は鈍化しており、電力需要は全体としてバランスが取れているが、夏が来れば電力供給エリア内で需要が高まり、電力需要の増加率が9.3%に達して約2500万キロワットから約3700万キロワットの電力不足が出現する見込みだという。

 同連合会と電網公司がうち出した予測データに対し、林さんは次のような見方を示す。今年は全体として経済情勢が弱体化し、成長ペースが目立って鈍化しており、電力需要の情況は昨年よりもよくなるとみられる。3500万キロワットというのは予測データに過ぎず、具体的な状況がどうなるかについて今はまだはっきり言えない。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年6月8日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古