2012年6月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:00 Jun 11 2012

米国のゼロイングを認定、中国の全面勝訴--WTO

 世界貿易機関WTO)はこのほど、中国産常温水エビおよびダイヤモンド鋸刃に対する米国の反ダンピング(不当廉売)関税問題について、紛争解決専門家チームの報告書を配布した。本件において中国が全面的に勝訴したことを受け、中国商務部は歓迎の意を表した。6月11日付で京華時報が伝えた。

 同専門家チームは6月8日、米国が今回の反ダンピング調査で使用した反ダンピング税計算法「ゼロイング」は、「アンチダンピング協定」に違反しており、WTOの規則に反するものだとした。

 米国は2004年11月30日、中国産常温水エビに対して反ダンピング措置をとった。米国商務省の不公平・非合法な決定に対して、答弁を強制された2社の中国企業は、米国国際貿易委員会に対して3回に渡り提訴した。その結果、2010年7月29日にそれぞれ5.07%、8.45%の税率に引き下げられたが、米国はWTOの規則に反する「ゼロイング」を是正しようとしなかった。

 昨年2月、中国は本件に関して協議を求め、米国の「ゼロイング」の是正を、WTO紛争解決制度に委ねた。昨年7月、中国はさらなる協議を求め、中国産ダイヤモンド鋸刃に対する「ゼロイング」を紛争の範囲内とした。

 中国の今回の勝訴について、中国商務部の沈丹陽報道官は、「中国は今回の決定を歓迎する。中国は米国に対して、WTOの規則に反するやり方を是正するよう促す」とする談話を発表した。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年6月11日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古