2012年6月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:08 Jun 12 2012

百度CEO「モバイルインターネットは飲酒運転」

 百度の李彦宏董事長(会長)兼最高経営責任者(CEO)はこのほど行われた第7回百度連盟サミットで次のように述べた。モバイルインターネットの盛り上がりの背後をみると、広告、ゲーム、電子商取引(eコマース)という3つの主流ビジネスモデルがまだ成熟していない。モバイルインターネットの現状は飲酒運転のようなもので、みな興奮しているが、これで稼ぐのが難しいことなどは考えもしないという。「国際金融報」が11日伝えた。

 李CEOは昨年のサミットでは、モバイルインターネットとクラウドコンピューティングがこれからの二大潮流だと述べ、今年のサミットでも同じくこの2点を取り上げた。

 李CEOによると、現在のモバイルインターネットはバブル時代にあるともいえる。この分野の三大主流ビジネスモデル、すなわち広告、ゲーム、eコマースはいずれも難しい課題に直面している。現在のモバイル広告の割合は非常に低く、端末ディスプレーが小さいこと、主に細分化された時間を利用していることから、モバイル広告の流動性はパソコンによるインターネットにはるかに及ばない。ゲームについてみると、米アップル社のOS「iOS」を除く他のプラットフォームは、真に優れた利益獲得ルートをまだ確立していない。位置情報に基づくサービス(LBS)を含むeコマースをみると、シェアは低くハードルは高いといえる。

 李CEOによると、モバイルインターネットはさまざまな課題に直面しているが、無数ともいえる人々が前のめりになって進んでいる。これをみるとパソコンによるインターネットのバブル時代を思わずにはいられない。当時は多くの企業が大量の資金を投じ、まるで飲酒運転のような状況で、刺激的だが大変危険な情況だった。みな興奮しているが、ネットで稼ぐことの難しさなど考えもしないのだという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年6月11日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古