2012年6月12日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:46 Jun 12 2012

中国天津市に、新興航空産業基が形成へ

 国家新型工業化産業モデル基地の1つとして、天津市浜海新区にある天津空港経済区航空産業モデル基地の建設は大きな進展を見せている。中航直昇機、エアバス天津組立工場など内外のハイエンド航空企業の進出が加速化しており、今後同区は中国の新興航空産業基地になることが期待されている。11日付中国証券報が伝えた。

 2011年、天津空港経済区の域内総生産(GRP)は前年比21.33%増の216億4400万元に達し、過去最高となった。今のところ、30余りの航空プロジェクトが天津空港経済区航空産業モデル基地に展開しており、投資総額は30億ドル以上に上っている。中でも、中航直昇機の工業用ヘリコプター工場とエアバス天津組立工場は規模が大きいプロジェクトとなっている。前者は年内にヘリコプター20機を組み立てる計画で、うち輸出受注が約4割になる見込み。後者はエアバスの欧州以外の組立工場として、年内に100機目の航空機を引き渡す予定。

 天津市経済情報化委員会の責任者は、同市は天津空港経済区航空産業モデル基地の建設で、アジア最大規模で、関連施設が整った国際新興航空産業基地になる目標を掲げていると話す。

 2013年までに、同基地は航空機メンテナンス、航空物流、航空人材育成などの分野で一定の規模に達し、航空産業生産額が450億元、従業員数が5000人となり、中国の新興航空産業基地のひな型が出来上がると見られている。

 新華網日本語 2012年6月12日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古