2012年6月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:03 Jun 13 2012

中国 世界3位の娯楽・メディア市場に

 英国に本社を置く大手会計事務所のプライスウォーターハウスクーパース(PwC)は12日、報告書「2012-2016年の世界の娯楽・メディア産業見通し」を発表した。それによると中国大陸部は2011年にドイツを抜いて世界3位の娯楽・メディア市場になった。大陸部市場では今後5年間にインターネット広告産業が最も急速に成長する分野になる見込みという。「新京報」が伝えた。

 同報告によると、11年の娯楽・メディア産業の支出をみると、米国が4640億ドルで1位、日本が1930億ドルで2位。中国は1090億ドルで3位となり、ドイツの990億ドルを抜いた。デジタルが当たり前の時代になり、市場には紙メディアの存続を危ぶむ声がある。PwCの娯楽・メディア産業分野の中国パートナー・許冉さんによると、中国経済の急成長は、紙媒体をはじめとする伝統産業に引き続き成長の可能性をもたらすという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年6月13日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古