2012年6月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:59 Jun 13 2012

中国経済は軟着陸する 世界銀行

 世界銀行が12日に発表した報告書によると、中国経済に最も出現する可能性が高いのは軟着陸だが、大幅に落ち込む可能性も排除できないという。世銀は、中国の国内総生産(GDP)は2012年は前年比8.2%増加し、14年は同8.4%増加すると予測する。

 同報告書によると、欧州の高所得国の経済情勢が悪化を続けており、今年1-4月に獲得した成果を食いつぶしてしまったが、発展途上国も先進国も経済活動に反転の動きがみられ、投資家の間ではリスク回避ムードが弱まっている。だが5月1日以来、市場ではパニック心理が高まり、広がっている。発展途上国と高所得国の株式市場は約7%下落し、1-4月の収益の3分の2が失われた。下落のうち工業原材料価格が大きな部分を占め、原油は19%、銅は14%、それぞれ値下がりした。国際資本が米国債やドイツ国債などのリスク回避の避難港に流れ込み、発展途上国通貨の対米ドルレートは相次いで低下した。

 だが同報告によると、発展途上国の多くは11年第4四半期ほどのひどい情況には陥っていないという。世銀開発見通し局のハンス・ティマー局長によると、世界の資本市場や投資家のムードは中期的には変動が続き、経済政策の制定が難しくなる可能性がある。こうした環境の中で、発展途上国は生産効率の向上、改革の強化、インフラ投資に重点をおくべきであり、日々変化する国際環境にいちいち反応している場合ではない。

 世銀の予測によると、12年の発展途上国の成長率は鈍化し、相対的に活力に乏しいとされる5.3%になる。その後は徐々に力を付け、13年に5.9%、14年に6.0%に回復する見込みという。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年6月13日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古