2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:18 Jun 15 2012

中国の工作機械消費額が世界一、品質改善に課題も

 中国国際工作機械工具展示会から得た情報によると、中国の工作機械消費額は10年連続で世界一になり、工作機械生産額は3年連続で世界一となった。中国は世界で最も活気あふれる工作機械市場となっている。国際商報が伝えた。

 統計データによると、2011年の工作機械工具業界の工業総生産額は、前年比32.1%増の6606億5000万元に達し、販売高は31.1%増の6424億9000万元に達した。しかし過去数年間と比較して、この増加率は著しく低下している。2010年の工作機械業界の工業総生産額は前年比40.6%増、販売高は41.4%に達していた。

 同業界の鈍化傾向は収まっていない。中国工作機械工具工業協会の統計データによると、今年第1四半期の工作機械工具生産額の増加率は16.7%増、販売高は16.1%増にとどまり、昨年第4四半期から大きく低下した。

 同展示会の開催期間に催された2012年工作機械工具発展フォーラムにおいて、専門家は取材に応じ、「工作機械業界は厳しい状況に直面している。これまで10年間続いた爆発的な成長は、今後維持することができないだろう」と指摘した。

 これに伴い、各社の高級・中級・低級製品の受注台数がそれぞれ減少している。工作機械企業150数社を対象に実施された調査によると、前年比でマイナス成長となった企業が全体の52.9%を占めた。中国工作機械工具工業協会の重点連絡企業は、第1四半期の新規受注台数が前年同期比31.7%減、受注台数が19.7%減となった。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古