2012年6月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:57 Jun 15 2012

中国サービス貿易、約550億元の赤字を計上

 中国商務部サービス貿易・商業貿易サービス業司の呂継堅副司長はこのほど、「第11次五カ年計画(2006−2010年)期以降、中国のサービス貿易は安定的に成長している。サービス貿易の輸出入総額は、2005年の1571億ドルから2011年の4191億ドルに増加し、輸出が世界4位に、輸入が世界3位になった」と述べた。しかし中国のサービス貿易は開始が遅れたため、現在も依然として初期段階を脱していない。全体的な水準が先進国に大きく劣り、国際的な競争力が低い。人民日報が伝えた。

 サービス貿易の発展水準は貨物貿易を下回る。2011年、中国サービス輸出入総額は、貨物・サービス輸出入総額のうち10.3%を占めるにとどまり、同期の世界平均水準(18%)を下回った。中国サービス貿易総額が世界サービス貿易総額に占める比率も低く、2011年は5.2%のみとなった。一方で、中国貨物輸出入総額が世界貨物輸出入総額に占める比率は、2011年に20%に達している。

 サービス貿易の構造的な問題により、一定期間に渡り赤字が続いている。2011年の赤字額は549億2000万ドルに達した。赤字業界は主に、運輸サービス、観光、保険サービス、特許関連に集中した。これは中国国内経済と貨物貿易の発展による、国際空輸、輸送保険、ハイテク技術等の競争力の低さを反映している。サービス貿易業界の構造が乱れており、ITサービス、保険サービス、金融サービス、コンサルティング等の付加価値が高いサービス貿易が、サービス輸出入総額に占める比率が依然として低い。その一方で、運輸、観光、建築等の伝統的なサービス貿易が、依然として中国サービス貿易の支柱となっている。

 呂副司長は、「その他の国と地域の経験を参考にし、中国はサービス貿易による体系構築を重視しており、一連のサービス貿易の発展促進に向けた関連政策を発表し、構造調整に取り組み続けている。中国商務部は関連部門と共同で、サービス貿易税収、サービス貿易利便化等の関連政策と措置を講じ、中国のサービス貿易のより良くよりはやい発展を促していく」と語った。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年6月15日 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古