2012年6月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:03 Jun 20 2012

利益率下がる航空産業 北京のタクシーより低利益

 国際航空運送協会(IATA)がこのほど発表した最新のデータによると、今年の航空産業の売上高は6310億ドル、純利益は30億ドルで、純利益率はわずか0.5%にとどまる見込みであるばかりでなく、この予測は強い下振れリスクに直面しているという。ある航空関連企業の関係者が行ったデータ比較が、航空産業を一層落ち込ませている。航空機が1キロメートル運航して獲得する利益は、北京市のタクシーが同じ距離を運転して得る利益を下回るというもので、米国・ニューヨークから北京まで往復2万2千キロメートルの航空便のエコノミークラス航空券をインターネットで購入した場合の料金は約1500ドルで、1キロメートルあたり7セント(0.07ドル)の計算になるが、北京市のタクシー料金は1キロメートルあたり2元(約0.314ドル)だという。「証券日報」が伝えた。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年6月20日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古