2012年6月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:39 Jun 21 2012

中国レアアース白書が発表、資源と環境の保護を重視

【中日対訳】

 中国国務院新聞弁公室は20日、「中国のレアアース状況と政策」白書を発表した。同白書は、「中国は世界のレアアース資源の23%を有するが、世界の市場需要の90%以上を満たしており、世界最大のレアアース生産・応用・輸出国として、世界のレアアース需要に対して重大な貢献を成し遂げている」とまとめた。人民日報海外版が伝えた。

 中国工業情報化部の蘇波部長は、「中国は資源および環境の保護を強化すると同時に、世界市場にレアアースを供給しなければならないが、その他のレアアース資源を持つ国家も中国同様、世界に同資源を供給する責任を担って欲しい」と語った。

 ◆過度な開発、価格が価値を大きく下回る

 同白書は、「半世紀余りの過度な採掘により、中国のレアアース資源埋蔵量が減少し、採掘可能な期間が短縮されている。主要鉱山の資源減少が加速しており、鉱山資源の多くが枯渇している。レアアースの採掘、分離精製の技術が遅れており、生態環境を著しく損ねている」と指摘した。

 レアアースは希少価値が高いにも関わらず、その価値を大きく下回る価格がつけられている。2000年から2010年の10年間で、レアアース価格は2.5倍となったが、同期の金価格は4.4倍、銅価格は4.1倍、鉄鉱石価格は4.8倍に膨れ上がった。

 この問題について、同白書は「レアアース資源に対して、より厳格な生態環境保護基準、保護的な採掘を促す政策を適用する。短期間内に合理的な資源開発・分離精製・市場流通の秩序を構築し、統一的・規範的・効率的なレアアース業界管理制度を作成する」とした。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古