2012年6月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:32 Jun 27 2012

香港返還15周年、一国二制度の成果とは

 今年は香港返還15周年に当たる。1997年の返還前、西側諸国は香港の先行きに対して悲観的な考えを示しており、一部の香港人はその影響を受け海外移住を選択した。7月1日は香港返還15周年の記念日であるが、今日の香港はかつてを大きく上回る繁栄を実現している。人民日報海外版が伝えた。

 中央人民政府駐香港特別行政区連絡弁公室の彭清華主任は、6月1日に中国大陸部のメディアの取材に応じた際、「香港返還15周年の歩みを振り返ると、この15年間は一国二制度が大きな成功を手にし、香港が安定的な繁栄を維持し、両地の提携・交流を推進し、領地の同胞の友好を深め、新たな歴史を創造した15年間であったと言える」と述べ、香港返還15周年を評価した。

 ◆世界で最も競争力を持つ都市

 彭主任は、「いくつかの出来事を通じて香港経済の現状を説明できる。例えば米フォーブスは1995年に『香港の死』と題した記事を掲載し、返還後の香港の衰退を予想した。返還から10年後、同誌は『香港は死なない』とする記事を掲載し、当時の予想が完全に誤っていたことを認めた。また、1997年のアジア通貨危機の際、香港は世界の機関投資家からターゲットとされた。だが2008年の世界的な金融危機の際、香港は世界金融資金の避難場所となった。米タイムズはさらに、『Nylonkong』(世界3大金融センターとしてのニューヨーク、ロンドン、香港)という新語を発表した」と指摘した。

 彭氏はさらに一連のデータを示し、香港経済の活力について説明した。「2004年から2011年までの7年間で、香港のGDP年間成長率は5%に達し、同期のその他の先進国の約2倍に達した。香港は18年間連続で、経済自由度世界一と評された。世界銀行が183の国と地域を対象に作成したビジネス環境ランキングにおいて、香港は2012年に第2位に輝いた。国際経営開発研究所が発表した『2012年国際競争力年次報告書』によると、香港は2年連続で100点満点を獲得し、経済競争力世界一と評された」

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古