2012年6月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:14 Jun 29 2012

上場企業トップの報酬番付 多金属鉱業CEOが1位 (2)

 ▽A株上場企業の報酬最高額は1305万元

 フォーブスによると、昨年の年間報酬が100万元を超えたA株上場企業のトップは過去最高の294人に達した。この人たちが上場企業から受け取った報酬は総額5億7100万元に上り、一人当たり平均は194万元だった。ランキング入りしたトップの人数は前年に比べて27%増加し、平均報酬額は同1%増加した。

 報酬が最も多かったのは万科集団の郁総裁で、税引き前報酬は1305万元に上り、同集団はトップの年間報酬が初めて1千万元の大台を超えた。2位は中国平安保険集団の馬明哲CEOの988万元、3位は中集集団の麦伯良総裁の958万元、4位は深セン発展銀行のリチャード・ジャクソン行長(総裁)の869万元、5位は長城開発の鄭国栄総裁の759万元。

 データによると、A株上場企業で年間報酬が100万元を超えたトップ294人のうち、151人が民間企業のトップ、143人が国有企業のトップだ。国有企業は時価総額、売上高、純利益の伸びでいずれも民間企業を圧倒し、トップの平均報酬額は民間企業を20万元以上も上回った。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年6月29日

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古