2012年6月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:13 Jun 29 2012

北京市民「物価高い」が7割

 北京市の高騰する生活コストは、市民の物価に対する満足度をますます低下させている。中国人民銀行(中央銀行)営業管理部が28日に発表した北京市都市部の預金者を対象とした調査によると、今年第2四半期(4-6月)には回答者の73.1%が「現在の物価水準は高くて受け入れ不可能」と回答し、全国平均の65.7%を上回ったという。「新京報」が伝えた。

 調査データによると、同期の北京市民の物価満足度指数は14ポイントで、前期を6.4ポイント下回った。物価が高くて受け入れられないとした人は73.1%で、前期を11.5%上回った。人民銀がこのほど発表した全国のデータによると、物価が高くて受け入れられないとした人は65.7%で、前期を2.8%上回った。

 5月の消費者物価指数(CPI)に関するデータからも、北京市の物価圧力が全国を上回ることがうかがえる。同月には北京市の物価は低下傾向が明らかで、CPIは今年初めて前期比低下したが、前年同期比では3.2%の上昇で、全国平均の3%を上回った。

 今後の物価情勢について、北京市民は他の地方の人々よりも悲観的な見方を示した。北京の回答者で「今後3カ月間に物価は上昇する」とした人は47%に上り、前期を12.6%上回った。一方、全国ではこうした見方をする人は35.6%だった。

 世界規模で人材マネジメントサービスを提供するマーサーがこのほど発表した「2012年グローバル生活コスト調査」によると、世界で最も生活コストが高い都市は東京で、香港は9位、大陸部都市は9カ所が上位100位入りし、上海市が16位、北京市が17位だった。米国で生活コストが最も高い都市・ニューヨークは33位だった。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年6月29日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古