2012年7月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:10 Jul 04 2012

中国の貯蓄率、52%で世界一に

 中国国家統計局のデータによると、2011年のGDPは47兆元に達し、このうち最終消費総額が22兆5000億元、資本形成総額(投資)が22兆9000億元、純輸出が1兆2000億元となった。同データに基づき計算すると、中国の貯蓄率は52%に達し、世界最高水準に達した。過去の経済大国を振り返っても、これは先例のない高水準と言える。仮に貯蓄率を45%として計算した場合も、中国の1年間の貯蓄額は21兆5000億元(約3兆4000億ドル)に達し、世界最高額に達している。人民日報が伝えた。

 貯蓄の方法はさまざまだ。中国は米国より高齢化が進んでおり、60歳以上の高齢者が全体に占める比率が13.7%に達しているが、積み立てられた年金はわずか約3兆元(1人当たり2300元=2万8750円)のみで、GDP全体に占める比率が7%未満だ。経済開発協力機構(OECD)の統計データによると、米国の年金がGDPに占める比率は、2010年に73%に達した(1人当たり3万5000ドル=280万円)。同比率は、英国が87%、カナダが61%、チリが67%に達した。

 貯蓄・投資・消費の不均衡は、経済生産高の構造の乱れを反映している。国民経済の第一・二・三次産業のうち、金融を含む第三次産業の発展が遅れており、2011年のGDP全体に占める比率が43%にとどまった。先進国の約73%、中所得国の約53%との間に開きがあり、多くの発展途上国を下回った。同数値の2008年の世界平均値は69%に達した。

 構造的な問題の背景には、社会、文化、および経済・政治体制がある。生産要素市場が、資源配分における基礎的な役割を発揮していないことが、その一つの主因とされる。中国は改革を推進し、労働力・土地・資本等の生産要素市場に長く存在する体制的な問題を解消し、資源配分の効率を高める必要がある。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年7月2日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古