2012年7月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:58 Jul 05 2012

中国企業、国内市場を最重視

 致同会計士事務所が実施した最新の「2012年国際ビジネスアンケート調査報告書」によると、中国企業の84%が国内市場を最重要市場としていることが明らかになった。また世界的にインフレが進行する環境を背景とし、中国企業の75%が、インフレが経済にもたらす影響に懸念を表明した。新華社が伝えた。

 欧州経済のさらなる低迷、米国経済の疲弊に伴い、グローバル企業の楽観度が低下している。同調査によると、第2四半期のグローバル企業の経済発展に対する平均楽観度は+23%となり、前四半期をやや上回ったが、依然として前年同期(+31%)を下回った。

 中国経済の成長率は今年より鈍化しているが、欧米国際市場と比較して安定しており、中国企業の最重要市場とされた。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年7月5日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古