2012年7月31日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:19:15 Jul 31 2012

日本自動車部品企業、中国への進出を加速

日本自動車部品工業パークの工場

 「江蘇省自動車部品拠点」の丹陽市で7月2日、過去最大規模の自動車部品展示会が開催された。人民網が伝えた。

 「中日提携丹陽第1回自動車部品(精品)展示会」には、日本から300人以上の関係者が訪れ、注目を浴びた。これらの関係者の一部は、丹陽市の「日本自動車部品工業パーク」での工場設立を決定しており、世界最大の自動車生産・販売国である中国でのさらなる発展を目指す。

 日本自動車部品企業による中国への投資が相次いでいるが、これは偶然ではない。昨年の東日本大震災による影響を受け、日本の製造業に深刻な被害が生じた。日系企業が産業チェーンの海外移転を加速する中、自動車部品企業は産業チェーンの末端に位置するため、移転の重要性を強く感じている。

 41年間に渡り自動車の生産と管理に従事した東和男氏は、「日本の自動車産業はすでに飽和している。中小部品企業は海外で投資を行わなければ、経営環境がより悪化する。私は過去7年間に渡り、中国自動車市場の重要性を主張し、日本の自動車部品企業に海外進出を提案してきた」と語った。

 トヨタ自動車で中国事業を18年間担当し退職した東氏は昨年、丹陽、海寧、南通、嘉興等の都市を視察すると、丹陽で東龍日聯(丹陽)企業管理有限公司を設立し、「日本自動車部品工業パーク」への投資と管理を実施することを決定した。同パークに入居する日本の自動車部品企業の生産を管理し(原材料の共同調達を含む)、物流システムを統一することで、生産コストの削減を目指す。また現地社員の招聘と管理を担当し、日本企業の経営を支援する。

[1] [2]

江蘇省の張衛国副省長、在上海日本国領事館の泉裕泰総領事らが、日本自動車部品工業パーク一期工事の竣工式に出席。
印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古