2012年7月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:07 Jul 06 2012

中国人の消費能力が低下、香港の贅沢品販売に影響

 香港統計所が3日発表した直近のデータによると、今年5月の装飾品・腕時計類の商品の販売量が、2009年7月以来初の減少となった。小売管理協会もまた、「経済の先行き不透明、中国大陸部の個人観光客の消費能力低下による影響を受け、一部の小売業界が厳冬期に入った」と表明した。新京報が伝えた。

 データによると、今年5月の香港小売業総売上高は8.8%増の360億香港ドル(約3600億円)にとどまり、増加率が2009年9月ぶりの低水準となった。大陸部の個人観光客の間で人気の装飾品、腕時計、高級贈呈品の販売量は2.9%減となった。

 香港メディアは小売管理協会の麦瑞瓊会長の話として、小売業が全体的に不況に陥り、一部は厳冬期に入ったとした。最も深刻な影響が生じたのは装飾品で、売上が3.1%の微増にとどまった。香港個人旅行の解禁後、近年では最低の増加率となり、衣料品や化粧品等の増加率も低下した。麦会長は、欧州債務危機と米国経済の低迷による影響を受け、大陸部の観光客の消費能力が低下し、贅沢品を贈呈することが少なくなったと分析した。

 麦会長は、販売店の増加とテナント料の引き下げに取り組み、価格競争力を高め、販売商品のバリエーションを豊富化すると語った。(編集YF)

 「人民網日本語版」2012年7月6日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古