2012年7月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:35 Jul 10 2012

アジアで最も価値あるブランドはサムスン

 情報・メディア企業のニールセン・カンパニーがこのほど発表した「2012年度アジア市場で最も価値あるブランドランキング」によると、トップは韓国のサムスンで、2位はアップル、3位はソニーだった。「新京報」が8日にわかったとして伝えた。

 同ランキングでは、大陸部、香港地区、台湾地区、オーストラリア、インド、インドネシア、日本、マレーシア、シンガポール、韓国、タイ、ベトナムなどのアジア・太平洋地域の主要国・地域の消費者に対する調査に基づいて評価を行っている。今回の上位5ブランドは、1-3位を上記3ブランドが占めたほか、4位にはネスレ、5位にはパナソニックが選ばれた。

 同ランキングの100位以内に大陸部のブランドは一つも入っていない。最上位の聯想レノボ)ですら131位で、前回より10位順位を落としている。(編集KS)

 「人民網日本語版」2012年7月10日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古